今月は・・・

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

これまで

  • 2017 (2)
  • 2016 (6)
  • 2015 (9)
  • 2014 (13)
  • 2013 (10)
  • 2012 (2)
  • 2011 (1)

ひとにやさしいまちづくり

電柱のないまちづくり

私は平成23年の初当選以来、バリアフリーや防災、まちの活性化の観点から無電柱化を推進してきました。この間、阿佐ヶ谷を南北に貫く中杉通りの無電柱化に着手し、環七は平成36年までに全線無電柱化します。こうした都道以外にも、道幅の狭い区市町村道に対して都が財政面、技術面で支援をしています。杉並区内では昨年、天沼陸橋から荻窪駅西口に通じる区道を無電柱化することができました。  

地震に強いまちづくり

3・11の東日本大震災を受けて、東京においてもいざという時、都民の物資を運んだり緊急車両が通る道を特定緊急輸送道路に指定して、その沿道の建築物の耐震化を進めてきました。杉並区内では青梅街道、環七、環八、井の頭通り、新青梅街道、甲州街道の6路線。現在、対象となる建物のうち、診断を終えたものが95%。耐震化率は8割となりました。皆さんの“命を守る道”の安全性を高めていきます。

川辺の安全まちづくり

杉並区内には善福寺川や神田川、妙正寺川など東京都が管理する河川があります。川沿いは桜が美しい季節だけでなく、日々、多くの都民に親しまれています。しかし、豪雨の際には川が溢れ、まちの安全を脅かす地域もまだあり、対策を講じる必要があります。 (さらに…)

子供の笑顔あるまちづくり

都市の課題である待機児童対策は、保育所の整備費や賃借料補助、用地確保といった施設をつくるための支援だけでなく、子供を預かる保育士への支援が東京都の重要な役割であると考えます。これまで、国に先駆けて、保育士のキャリアアップの仕組みづくりや家賃補助など、処遇改善に取り組んできました。保育の実施の主体は区市町村ですが、その財政力には限界があります。保育人材の発掘、育成、定着といった支援は東京都が集中すべき課題です。

元気で長生き!まちづくり

杉並では5人に一人が65歳以上の高齢者です。高齢化、というと暗いイメージをもって語られますが、ご長寿って素晴らしいことではありませんか!これから重要なのは、いかに元気で長生きするかなんです。そのために、東京都は区市町村が地域で行う予防など高齢者の様々な事業を支援するとともに、住み慣れた地域でいつまでも暮らし続けられるよう、環境を整備していきます。 (さらに…)

五輪で希望あふれるまちづくり

いよいよ2020年東京大会まで、3年となります。競技施設の見直しや費用の在り方など、様々な議論がありましたが、半世紀に一度、あるかないかというこの大イベントを夢と希望の持てるきっかけにしたいと思います。 (さらに…)

プロフィール

昭和51年 6月6日生まれ、ふたご座のA型。吉見町立北小学校、吉見町立吉見中学校、東京農業大学第三高等学校卒。平成11年上智大学文学部史学科を卒業後、石原伸晃事務所に入所、国政の現場を学ぶ。平成13年 公設第二秘書として、杉並区・後援会女性部を担当する。平成23年自民党杉並総支部による公募に合格し、初の女性公募候補となる。4月、東京都議会議員補欠選挙(杉並区)で127,859票を得て初当選。平成25年7月、東京都議会議員選挙(杉並区)で29,630票を得て2度目の当選。平成28年現在、文教委員会理事、東京都住宅審議会委員。

身長 171センチ、足は25センチと子供のころから大型っす(気は小さい) 愛読書 宮部みゆきの時代物、浅田次郎の短編小説、今野敏の任侠シリーズはサイコー、石田衣良の「池袋ウェストゲートパーク」 いい歳こいて、キャー、はずかしい(●^o^●)など 特技 車の運転。石原代議士の秘書としてでっかいセンチュリーを転がしたこともいい思い出・・・。今でも愛車はマニュアルのMR2です❤

詳しいプロフィールはこちらへ

無電柱化の現状(%)

0
ロンドン・パリ・香港
0
シンガポール
0
東京23区
0
大阪市

友人に聞きました、私ってどんな人?

 
食べるのが好きだ:
泣き虫だ:
カラオケがうまい:
字がうまい:
杉並が好きだ:

私の決意

都議会議員として6年目を迎えます。これまで、無電柱化や震災対策、河川の豪雨対策など安全なまちづくりに取り組むとともに、都民一人一人の生活に身近な課題である待機児童対策や、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けるための環境整備といった安心できるまちづくりを推進してきました。その中で、国政と区政と違う、都政が果たすべき役割は何かを常に考えてきました。東京の持つ大きな力を活用して、大都市特有の課題解決に集中するとともに、自助・共助によって地域を支える都民一人一人の努力を、東京という公助の力でしっかりと支援していきます。

小宮あんりができるまで

オギャーと生まれるその瞬間まで

オギャーと生まれるその瞬間まで

母はオギャーと生まれるその瞬間まで、私が男の子であると確信?していたそうで、 (さらに…)

祖父母への思い

祖父母への思い

両親とも共働きだったため、私は生れてからすぐ同居する祖父母に面倒をみてもらいました。 (さらに…)

小学校まで歩いて一時間

小学校まで歩いて一時間

小学校は吉見町立北小学校に1時間かけて歩いて通いました。 (さらに…)

ゴル女

ゴル女

高校は近所にできたばかりの私立の東京農業大学第三高等学校を受験しました。 (さらに…)

38度線を目のあたりに

38度線を目のあたりに

そういえば。高校では私の将来を左右する大きな出来事がありました。それは修学旅行で韓国に行ったことです。 (さらに…)

しゃぶ

しゃぶ

そうそう、大学で選んだ部活は体育会自動車部(通称:しゃぶ・・・)です。 (さらに…)

石原代議士の秘書に

石原代議士の秘書に

さて。石原伸晃代議士の事務所に入所して最初の1年間は (さらに…)

人と人とのつながりのある街

人と人とのつながりのある街

自分の担当行事のほかに、地域の行事や商店街の活動に参加して、自分たちの街を守り、発展させ (さらに…)

多くの方々に支えられえて

多くの方々に支えられえて

また石原事務所では選挙以外にも駅頭をはじめとする街頭活動を通じて、有権者に政治活動を積極的にアピールする事の大切さを学びました。 (さらに…)